同じDYMOでも、機種によって字形や字幅が微妙に異なります。
中には字幅が調整できる機種もあるのですが、自分好みのフォントを探すのもなかなか楽しいものです。

そして、アルファベットの場合……
「大文字」「小文字」の他に「筆記体」が打てる機種もあります。

「筆記体」は特に女性に大人気。
DYMOの「キャプションメーカー」という機種は、3枚の文字盤がセットになっていて、大文字・小文字・筆記体、何でもござれの優れものです。
ボディもピンクでかわいらしく、なんと専用の巾着袋まで付いていて、ユーザーとして女性を大いに意識した商品であることがわかります。
ただし、本体を入れるにはちょっと小さい袋ですので、せいぜい文字盤やテープをしまうくらいしか用途はないのですが……。

ところで、「筆記体」が打てる文字盤の中には、
「文字が本当につながって書かれているように見える」
タイプがあることをご存知でしょうか?

この文字盤で筆記体を打ってみると、仕上がりに何ともいえない味わいがあります。
ずっと探しているのですが、残念ながら現在は生産されていないとのこと……。
運よく手に入ったら、もう手放せなくなりそうです。

free space